獅子是好日

ファン歴約30年。埼玉西武ライオンズに関することなどを書きます。

好材料

中継ぎという現代野球において致命的な弱点を持つ西武だが、相変わらず1歩進んで1歩下がる状態である。

ただ打撃は5月に一休みしたがその後は好調。さらに春不調だった中村に復活の兆しが見え、低調な金子侑が二軍落ちで木村、齊藤と交代。二軍にいる若手も山田、金子一、はたまたルーキーの西川、綱島まで好打率と層が厚い。獅子おどしという名前は定着するか微妙だがこのチームの生命線である打線については好材料が揃っている。

ここからの戦いのポイントは

①菊池の状態が安定するか

②高橋光、伊藤が機能できるか

③増田の復活はあるか

④勝ちパターン継投の確立(日替わりでもそれが戦略とよべるものなら可)

⑤疲労がみえるレギュラー野手が休むタイミング

なお以前私が掲げていた榎田中継ぎ案は、菊池や多和田が打たれはじめ、榎田が好調をキープしているため下げさせていただく。増田の復活まで首位で踏ん張ってほしいものだ。