獅子是好日

ファン歴約30余年。埼玉西武ライオンズに関することなどを書きます。

平良新人王にあえて物申す

うーん。タイトルを取ったことはめでたいし、何より今年の平良の活躍ぶりは嬉しかった。平良本人にはただただ称賛しかない。まだ高卒三年目。末恐ろしいとさえ思う。 ただ、ただである。今年の平良に新人王の資格があることがどうかなと思うのだ。もちろん5…

栗山ベストナイン!

ちょっとびっくりしたがおめでたいことだ。DHでの受賞というほど目立つ数字ではないが、シーズン通して重要な場面で効果的な一打を放ってきたことが認められて本当によかったと思う。 2000本は微妙かなと思ったこともあったが、この2年レギュラーを張ったこ…

増田残留

増田が宣言残留をきめたようだ。長年選手の流出が止まらない西武だが、主力投手については本当に石井貴とか西口以来じゃないかというくらい(十亀はここ数年主力じゃないので)。私は完全に覚悟してたけどそれは西武ファンの抱く心理として間違ってないと思う(…

ホークス日本一

ホークス4連勝。西武はこんな強いチームを昨年一昨年と破って優勝し、一応今季も大きくは負け越していないんだな。ただホークスの強さの真骨頂は短期決戦にあるわけで、そこは今年も見事だったしうらやましいなと。またさらに経験を積ませてしまったしね。 …

何度も同じことを~吉川移籍~

ハム吉川が西武に移籍。ハムというのを結構不気味なチームとして認識しており、放出するということはもう使えないんだろうなと思っている。 高木勇、榎田、内海、松坂と先発強化のための補強をしているが、うまくいったのは移籍1年目の榎田だけ。内海と松坂…

とりとめのない分析

5位だった頃からすればまさに夢のような胸踊る2位争いだったが、最後の遠征、楽天戦で1敗1分、大一番のロッテ戦で完敗。ラスト4戦勝ちなしで貯金を吐き出して勝率5割、3位でシーズンを終えた。 改めてシーズンを振り返ることになるとは思うが、いわゆる戦犯…

あっさりと 11/9 H6-2L

西武は呉のタイムリーで先制するもソフトバンクが3回松田のソロと柳田2ランで逆転を許す。4回には、周東のタイムリーで2点追加。西武は好機をつくるも点にはつながらす敗戦。 中5日となる高橋を規定に達した段階で早々に下げたわけだが、そういうあからさま…

終戦は完敗にて 11/8 M8-2L

西武は2回スパンジェンバーグと呉のタイムリーで先制するも、3回にスパンジェンバーグのエラーと藤岡タイムリーで同点に。4回には藤岡のソロでロッテが勝ち越す。6回には致命的な守備の乱れと藤原のタイムリーなどで3点を加えられ万事休す。西武は3位が確定…

執念わずか及ばず 11/7 E6-6L

初回外崎のタイムリーで幸先良く先制するも、西武先発今井が乱調。直後に四球から銀次のタイムリーなど打者一巡の猛攻でまさかの6失点。執念で勝る西武は2回に呉タイムリー、6回には愛斗犠牲フライと金子内野ゴロの間に2点返すと、7回には外崎の8号ソロとス…

奇跡は起きず 11/6 E4-2L

楽天が3回、小深田と鈴木大の連続タイムリーで2点先制。4回にも小郷内野ゴロの間に1点追加。楽天岸はリードを保ち9回2失点の完投勝ち。 浜屋は頑張ったが岸に投げ勝つことはできなかった。役不足だが試合を作ったわけで恥じることはない。打線は6回、9回の好…

満点の2位固め 11/4 L10-3F

西武は初回、外崎のタイムリーで先制。中村押し出し、スパンジェンバーグタイムリー、木村犠牲フライで4点を挙げる。2回にも源田タイムリー、スパンジェンバーグの15号3ランで4点を加えた。先発・ニールは3回野村に2ランを被弾するがなんとかしのいで5回0/3…

ついに2位に11/3 L5-4F

西武は野村の2点タイムリーで先制を許すも、3回に栗山の12号2ランで 同点に、4回にはスパンジェンバーグの14号ソロで勝ち越しに成功する。5回に大田タイムリーと2番手宮川の押し出しで逆転を許すも、6回スパンジェンバーグの犠牲フライで追いつき、7回には…

価値ある勝利 11/2 L4-0F

西武は初回、栗山の2点タイムリーで先制。5 回に木村の8号ソロで追加点を挙げる。8回には愛斗のタイムリーで増田温存に成功した。投げては、先発・榎田が7回途中1安打無失点の好投で今季初勝利。森脇、平良とつなぎ最終回はギャレットが締めた。 愛斗タイ…

なんとか踏みとどまる 11/1 L3-1H

初回先頭の牧原ツーベースから柳田内野ゴロの間に1点献上するも、その裏栗山タイムリーで同点、3回には中村内野ゴロの間に勝ち越し。5回には中村タイムリーで追加点を挙げた。中継ぎにたっぷり休みが与えられている西武は松本を5回で降ろし、宮川~森脇~平…

無様 10/31 L2-11H

打てない西武の試合は先発十亀にかかっているわけだが、初回から明石が走者一掃のタイムリーを浴びる。打線は石川に当然のように封じられた。走攻守のソツなき乱れで3連敗。 ツイッターで長年つながっている熱心なファンがいて、まあいろんなタイプのファン…

やはり打線がひどすぎる 10/30 L3-4H

今井に代わってカード初戦の先発マウンドに立った平井だが5回を投げて3失点。試合を壊すことこそなかったが東浜と投げ合う状態にはあらず。打線も見殺し状態が続き、9回ようやく栗山内野ゴロの間に1点を返し中村の9号2ランで1点差に迫る。しかしあと1歩及ば…

高橋朋己引退に思う

高橋朋己が引退。ここ数年は育成扱いで結局ケガから復帰できず決断したようだ。実働3年くらいだが西武の中継ぎが酷い頃でもあり、ドラフト下位入団ながらよくやってくれたと思う。 ただそれにしても今日の最終登板。かわいそうすぎる。球団も本人も本当に治…

やはり先発がすべて10/29 L5-12E

ニールが全然ダメで5失点。2番手田村が試合を建て直すも打線が機能せず。終盤は國場が3回7失点。お粗末様でした。 なんといってもニールが試合を作れなかったのが痛い。ただ田村が流れを断ち切っただけに源田が4、6回の好機で打てず追い上げムードを消してし…

自力CS復活 10/28 L4-3M

西武は2回裏、楽天涌井から木村の7号2ランで先制。その後1点差に迫られた直後、栗山が右中間フェンス直撃の2点タイムリー。先発浜屋は6回途中1失点。宮川が6回を締めて7回からは勝ちパターンの3人を投入。平良、増田が被弾するも逃げきった。 何はともあれよ…

収穫またひとつ 10/27 L4-3E

西武は初回外崎のタイムリーで先制するも、2回渡邊タイムリーで追いつかれ、4回下妻2点タイムリーで勝ち越しを許す。立ち直った楽天則本が力投を見せる中、5回に西武森が9号3ランで逆転。このリードを守って辛勝、ロッテとのゲーム差を再び2とした。 森の一…

ドラフト2020感想

野手が多くて驚きもしたが、サードはじめ主力をはれる野手は足りておらず層が薄いのが現状。外野も若手が前半こそ台頭したが結局木村や金子をおしのけるには至っていない。定着したら出ていくのも常なのでいい野手は確保していくべき。渡部はサードとして育…

勢いいずこへ 10/25 H7-2L

松本の立ち上がりがイマイチ。初回柳田タイムリー+金子エラーでに2点を先制される。直後に中村タイムリーで1点を返すも、2回に周東とグラシアルのタイムリーなどで4点を失うともうなす術なく。 なんとしても勝てとは言わないがもう少し楽しめる試合をしてほ…

見えてきた 10/24 H1-4L

ソフトバンク先発・東浜に7回無得点と封じられたが、1点を追う8回に2番手・モイネロから連続四球で好機を得ると、山川に代えて起用された代打・岡田が送りバント成功、1死二、三塁から木村が四球で満塁としてモイネロを降板に追い込んだ。続く中村が代わった…

打つ手なし 10/23 H8-1L

まずは先発が試合を作らないとどうしようもないが今井はこんなもんでしょう。ビハインドで先発が降りたらピッチャーのレベルも下がるし、今年は打てないから差は広がるばかり。まあ仕方ない。 山川がいきなり四番でスタメンというのも最近の細かな打順組み換…

一丸となりつつあり 10/22 L7-4M

西武は初回に四番栗山の犠牲フライで先制。3回藤原の犠牲フライで追いつかれるも、4回にスパンジェンバーグの13号2ランで勝ち越し。さらに5回には外崎の6号3ラン。投げてはニールが5回を1失点でしのぐと、6回にギャレットが3失点も、7回宮川、8回森脇、9回平…

しぶとく 10/21 L2×-1M

ロッテチェン、西武浜屋の両左腕の投げ合いは西武は4回メヒアのタイムリーで先制。その後7回に同点とされて迎えた9回、山野辺がライト前ヒットを放ち、外崎が好走塁&ヘッドスライディング。2日連続サヨナラ勝ちで7/31以来の勝率5割復帰を果たした。 浜屋が試…

ロッテには強い 10/20 L2×-1M

西武高橋、ロッテ石川の投手戦。7回に金子犠牲フライで西武が均衡を破る。西武は平良、増田とつなぐも9回二死から田村にタイムリーを浴び振り出しに。しかしその裏外崎がツーベースを放つと山野辺の打席、ロッテマーティンのエラーでサヨナラ勝ちを収めた。 …

もうちょい打てよ 10/18 L3-2Bu

西武は2回、二死満塁から金子が2点タイムリー、を放ち、源田タイムリーで3点を先制する。投げては、先発・松本が6回1失点。勝ちパターンにつなぐと、9回増田が1点差に迫られるも、辛くも逃げきった。 前回ひどかった松本が今日は試合を作り、なんとか勝利。…

これでは前が向けない 10/17 L1-4Bu

両軍無得点で迎えた5回大下の2号ソロでオリックス先制。6回にはモヤの8号2ランで追加点。西武は7回外崎犠牲フライによる1点のみ。 前回も封じられた張にまたも抑えられた。甘い球もあるんだが打ち損じてるし、揺さぶったり食らいついたりがむしゃらさが見え…

下位チームによる投手戦 10/16 L2-1Bu

今井と山岡の投手戦。6回に二番手宮川がモヤにタイムリーを浴びるも、その裏2死一二塁の好機から栗山の2点タイムリーツーベースで逆転。久しぶりに森脇平良とつなぎ増田がピンチを作るも何とか逃げきった。 栗山の勝負強さ、甘い球を確実に仕留める技術に感…