獅子是好日

ファン歴約30年。埼玉西武ライオンズに関することなどを書きます。

今更ながら

西武はなぜ敗れたのか。報道では中継ぎの差などとも言われているが、改めて振り返るとCSの敗因は西武がシーズン戦のような戦い方、勝ち方をめざしたがそれができなかったからではないかと思う。

シーズン戦の勝ち方とは第一に先発投手が最低限試合を作るということ。第二に打ちまくって点をたくさん取るということ。

ホークスのように短期決戦に備えてロング待機をしてしかも結果を出せるピッチャーなど西武にはいない。だから菊池は踏ん張らないと話にならなかったし、どれだけビハインドがあっても打線が爆発してひっくり返さないといけなかったのだ。

10年ぶりの日本一のチャンスを逃した西武。この経験をいつか活かしてもらいたい。秋山、源田、山川ならきっと。

 

これからしばらくは不定期更新で各選手の通信簿や今季の球界を振り返ったりしようと思う。